ショパン18 3イアテム

up_ピノ18

いよいよ最後のVTとなった

03から延々と販売したから、感慨深いし、有り難かった。

最後の18は、ごらんの様にかなりクリアーで赤みが強い

味わいもその通りで、健康な酸がタップリ、少し早く収穫ではなかろうか

あけて3時間後だが、アレ・・と思うほどチャーミングで、味が定まらなかった

翌日の朝に再度一口飲んで、ショパンらしい骨格を感じた

クリアだが味の乗り方は極めて良く、その辺りは3千円超えのACレベル

勿論、店主特選です。

up_コート18

オートコートはご覧のようにやや濃さを増していて

タンニンの存在感が目立つ黒風味であった

ややNSGに近い味わいでポテンシャルはACより間違い無く上だが

少し待つ必要がある

up_PV18.jpg

かっては村名格で売られていた。一級のプティ・ヴージョ

例年はシャンボル寄りの味わいが常だった

何せ崖の上はアムルーズだからね

しかし18は道路を挟んだ南側のヴージョ寄りの味わいに感じた

液体の柔らかは圧倒的な差が上記二品とはある。

口に入れた瞬間n判別可能な程

以上三本を料理が出る前に一気に試飲したが

ほかの香りに邪魔されず、各々の個性が確認出来て良かった

昔は作り手の個性ベッタリとなった気がするが

18は葡萄の赴くまでワインにしたって感じが3本からだが感じ取れた

まだまだ伸びしろがあると思うが、コレでドメーヌは消える

沢山売らせて頂き、ありがとうございます、と書くしかないです。



















コメント

非公開コメント

プロフィール

winenavi

ヤフーブログから引っ越して来ました そちらでは2005年から書いてますが、ココでは新参者、宜しく!の間もなく70歳です

月別アーカイブ