こんなのも聞きます


良いDAコンバーが来たので

またCDも聞きたくなりました。

クラシックはアナログの針音、プチプチが邪魔な分野。

まして元の音源がデジタルなら、CDで聞いて当然でしょう。

デジタル録音の元祖とも言える

日本コロンビアが1972年に録音したスメタナ弦楽四重奏団は

記念碑的な録音だし、

その後スークを加えた、モーツアルトの弦楽五重奏は

私ども夫婦にこのジャンルの魅力を教えて呉れた思い出のアルバム

当時はLPで聞いてたけど、買い直しはCDしかない

二人で、三番、五番を通して聞いたが

若かった頃を思い出し、次はバリリで聞きたいね・・なんて思い出した

CDトランスポートにしてるエソテリックX-30(2005年製)は

設置環境に極めて鋭敏に反応するリジットメカだが

その違いをdCS950はハッキリと提示する能力が有った

一番良い場所は、床ベタ置きで、やはり世評通りで

昔と同じ設置の仕方だった

ジャッジを下すにも、それなりの努力と経験が必要だと再確認

はっきり言わんが、家内の許可が下りた・・と判断。

コメント

juranson

No title
当方のクワルテットの知識もそのころで止まってます。スメタナDENONのCDで聴いたかな。バリリという名も懐かしいです。

今はそちらの方面の素養はゼロになってますが・・・(笑)。

kikum

No title
正式に導入ですね!

s_s*i*in

No title
シュランソンも聞いてましたか。室内楽ってお勉強ぽくて好きじゃ無かったですが、モーツアルトのそれは単純に楽しむ、と言う聞き方も許されると思う。良いワインを飲みながら聞くには最高のお供では。

s_s*i*in

No title
kikumu様、東京のお店ですが、二度目の購入となります。試聴器を貸し出して呉れるので、じっくり決断、そして根回し(笑)が出来ます。買えた最大の理由は定価の15%で済んだからですけど。これで昔の音の90%のレベルに復旧。でも残りの10が難関です。まあ無理でしょうけどね。

mole

No title
同じCDは持っていませんが、スプラフォンの録音は好みですし、スメタナもいいカルテットでしたね。ところでdenon参加のPCMとスプラフォンオリジナルのMSでは音が違いませんか?前者は日本人のセンスが支配的と思いますが(笑)

s_s*i*in

No title
その通りだと思います。一部はアナログでも聞いてましたそちらだと尚一層そう感じましたが、手元には残ってません。
非公開コメント

プロフィール

winenavi

ヤフーブログから引っ越して来ました そちらでは2005年から書いてますが、ココでは新参者、宜しく!の間もなく70歳です

月別アーカイブ