• ギヨ バーチカルを断行予定!
    ここまで来たら、トコトンやります。取りあえず売って呉れるVTのサンプルがエアーで届いた。一週間休ませてからやるつもり。...
  • ハロウイン
    本物のカボチャで造り、ろうそくの灯りです。調子に乗って少しお買い物も・・・...
  • ギヨ 続報!
    ギヨの畑の画像が届きました。最初の画像に、ギヨさんの看板が有り、立木が見えるけど、松で、ル・パンさんな訳です。次ぎの画像が、ギヨさんちです。樽熟成庫と、醸造所の風景。昔ながらのガラスコーティングされたセメントタンクですね。最後の画像が、解りやすいです。農道を挟んで、右がルパンの畑で、左がギヨの畑、ギヨさんの畑の隣はトロタノワでした!オーナーは本来は建築家で、家業を引き継ぎボチボチと設備を新ししだし...
  • 泡ナシでも・・・
    ミレジム サンサション 1995 クシュhttp://winenavi.jp/put.php?no=55滅多に飲まない泡です。昨年にココを訪問して買い付けた品。私は無粋な者だから、シャンパン好きのお客様宅でご一緒させてもらった。かおりは、ハチミツの香りを感じたが、味わいはピンの辛口で、泡は少し弱め。時間が経って温度が上がり、泡が消え出すと・・本来の味が出た。入荷後に私が飲んだのは、もう少し泡が弱く、少しヒネた感じだったけどこの個体は遙...
  • ご報告
    ポムロルの生産者委員会からオスピス・ド・ポムロール(正確にはオスピタリエ・ド・ポムロール)に任じたとの連絡を頂いた。役不足も甚だしいけど、春から旗振りを頑張った御礼でしょうか。今まで頂戴した中で、一番立派な仕立ての額です。左上のマルタ十字は、此処を庇護していたマルタ騎士団縁の紋章でポムロールの境界に残る古い石にはこの紋章が刻まれているそうです。...
  • 素晴らしいしなやかさ
    エスプリ ド クロシェ 2006 http://winenavi.jp/put.php?no=1078四月に飲んでいたが、シュヴァルブランの隣人と解り再度試飲。その時点ではタニックだと書いていたが、半年後の10月は大きく表情を変えていた。ポイヤックのワインを飲んで、それがボルドーと理解している人には、かなりのショックだろう。この若さで、ピノに似たニュアンスを持ち始めているからだ。あのパーカー氏でも、ラ・ロゼなどには、ピノのニュアンスを感じさ...
  • ルパンの隣人だった!
    シャトー ギヨー 2000 http://winenavi.jp/put.php?no=1080普通、隣がルパンなら、それを売り物にして当然・・と日本人は考えるが、現地のオーナーはプライドが高いからかそれを一切言わずにいて、今回、インポーターが訪問して初めて解った。隣もなにも、道路も境界も無く、畑が続いていてどこが境目かしら・・の状況らしい。そのシャトーの2000年物を、私は春に根こそぎ買っていたから気分が良い・・・凄く良い・・・ワッハハ~...
  • らんです~
    サクねえちゃんにご迷惑掛けて、メンゴ!少しは静かになりました。今朝はサクねえちゃんと一緒に寝ました。...
  • ドルノンクール二品
    ドルノンクールの関与したキャンティ・クラシコとマルベックと珍品の缶詰です。シャトー ド シャンベール マルベック 2007http://winenavi.jp/put.php?no=1279初日はムッツリと黙り込んでいたのですが二日目は、おずおずと開きだしました。マルベックってこんな味なの・・・としか言えません。洗練されすぎ・・と言われるかも知れませんが、スパイシー過ぎず、暴れは全く存在せず、拍子抜けするほど、スムーズだけど、やはりマルベ...
  • 頂きモン特集
    魚がイカとサンマしか買えない状況で、こんな立派なヒラメやらアナゴ、おまけに超一流の寿司屋さんの、焼き海苔まで頂き、嬉しい~!そのうち、タイトルをゴッチャンですに変えようかしら。アナゴは開いた状態です。大きさの比較でブルのボトルを。焼き海苔は素晴らしく上品な味ですが、上品過ぎて、少し物足りない・・なんて主人が。昔から贔屓の地元のお店のが良いそうです。...

プロフィール

winenavi

ヤフーブログから引っ越して来ました そちらでは2005年から書いてますが、ココでは新参者、宜しく!の間もなく70歳です

月別アーカイブ