• カモ鍋とカプ01 美味しいヨ
    シャトー カプ ド フォジェール 2001http://winenavi.jp/put.php?no=539昨晩は、ワイン会のメンバーの一人が結婚したので、二次会に参加。漁師、猟師どちらも出来るマスターのお店で、カモ鍋つつきながら、コレ飲みました。もちろん野生のカモです。初冬のカモは落ち穂をタップリ喰っているので、年明け後より、イマが美味いそうです。合鴨はとは全く別の味で、肉自体がレバーのような濃い味でした。お醤油で、豆腐、ネギ、白菜、...
  • 長命ですよ、この白は
    シャトー ラトゥール マルティヤック ブラン 1998 http://winenavi.jp/put.php?no=571白ワインには極端なほど冷淡、と思われていますが、飲み始めの頃は飲んでいて、ルフレーヴなどは好きでしたが、いかんせん高くなりすぎて、疎遠です。ここの赤は師匠が好きで、1990などは本当に柔らか良い印象を持っているシャトーですが、ラベルが派手なので、知らない方はインチキっぽいイメージを持つかもね。ペサックの赤も、白の良いシャト...
  • チュニジアのピノ!
    22日に出かけた、インポーターさんの試飲会で、チュニジアのワイン飲みました。ご存じのように、地中海に面してイタリアの真南ですから、ローマ時代からワインが作られていたと想像は出来ます。現在はお休みしていますが、お隣のモロッコ産のワインは好評でしたから、さほど驚きはしませんが、シラー辺りでなく、ピノという所がスゴイ!当日抜栓した物は、カッチンコで、とんでもない状況。担当者がニヤニヤしながら、同じワインの...
  • 03、三桁ボルドーは如何に?
    シャトー オート クルチャード 2003 赤 http://winenavi.jp/put.php?no=440ボルドーのグランヴァンは03のリリースがはじまりました。まだ表立った動きは少なく、模様眺めの状態です。下位のACボルドークラスのプティシャトー物は昨年秋からリリースになっていて、好評ですすが、以外に売り物が見つかり難いのが実情。そんな中で、二ヶ月前の試飲会で発見して、入荷を待っていたワインがコレ。肩の部分が少し広い、立派なボトルです...
  • ルフレーヴとモレの関係
    モンテリー ルージュ ピエール モレイ 2002 赤http://winenavi.jp/put.php?no=391わざわざ寒くなり始めたイマ飲まなくても、と言いたくなる方はモンテリーを良くご存じなのかもしれません。うちの例会は、このワインで始まる事が多いです。口慣らしの意味で、使われます。それなら普通のブルゴーニュルージュでも、とお思いでしょうがコレ不思議とテンションが上がらず、かつ胃にこれから食事が始まるヨ、と教えてくれる感じ。飲ん...
  • 2003ボルドー 事始め!
    ラ ドゥモワゼル ドゥ ソシアンド マレ 2003 http://winenavi.jp/put.php?no=452画像の色合い、良くなく失礼します。おまけにVTは02で代用します。早速飲みました! 試飲会でですけど。やはり噂に違わず、03は良い出来です。一時の右岸ニューウエーブ風の濃さでは無く葡萄自体が、良く熟したと、簡単に理解出来ます。かなりの好評になるとは思いますが、贅沢な要求でしょうが余りに伸び伸びと出来すぎた、あるいは陰りが殆ど感じら...
  • 何だ! この旨さは!
    モレ サンドニ ジョルジュ リニエ 2002http://winenavi.jp/put.php?no=21私の仕事は、ワインを売ることです。でも売りたくナイ、自分で持っていたい誘惑に誘われる事が偶に有ります。知ってほしいけれど、売りたくナイ。そんな意地悪な心境になったのが、昨晩(2005/11/3)飲んだコレ。話半分で聞いてもらってイイけれど、6月に飲んだ、ルソーのクロサンジャック01より、コレの方が好き。最後はそちらの勝ちかもしれないが、現状では...
  • こんな仕事なら・・・
    シャトー セルタン ジロー 1997 http://winenavi.jp/put.php?no=536ブログの最初のほうに書いていますが、何せここは戻るのに大渋滞ですからそちらは気にせず、今回の試飲分をお読み下さい。ご存じの様に、ここはムエックス(ペトリュスを所有している会社)に買収され、畑の最良の部分が、オザンナと言う、超高いワインになりました。またこのVTは、パーカー氏の3版では、意見留保と書かれてしまっています。全く可愛そうなワインで...

プロフィール

winenavi

ヤフーブログから引っ越して来ました そちらでは2005年から書いてますが、ココでは新参者、宜しく!の間もなく70歳です

月別アーカイブ