• シャトー ラトゥール 1998
    http://winenavi.jp/put.php?no=422肩の処までは、いつものように薄いサラリとした味わい。少し温度が上がり、ラベルの上の縁まで近づくと、色合いは同じでも、果実味の甘みが立ち上がる。この辺りでもう答えは出たようなものですが、さらに期待がふくらみます。中央部に差し掛かると色合いは濃さを増し、グリップもさらに大きくなり、ビタースイートの世界に突入。1997のクリーミーな美味しさとは、格上の構築感のしっかりした上...
  • シャトー シサック 1994
    http://winenavi.jp/put.php?no=484このシャトーの畑は、ラフィットの畑の西側と接しています。グランクリュに匹敵する品質を誇り、力強さを力強さと感じさせないほどに滑らかで、華やかな果実の風味が凝縮されています。1~2ヶ月立てておいたら、好結果♪...
  • ヴィーニャス デ ガイン アルタディ 2002
    http://winenavi.jp/put.php?no=1852001年でPP94。2002年はまだポイントが付いてないません。そんなことよりも、極めてワインの本質に迫った造り方をした、スペインではめずらしいワインだと思います。ブラインドで飲めば、リオハのワインとはなかなか解りづらく、なおかつ、ブルゴーニュのシャンボールに近い香りを持った、未体験のワインです。酸は極めておだやかで、甘み成分は果実からくる、ナチュラルなものだけ。この2002の...
  • インカ タナ 2003
    http://winenavi.jp/put.php?no=259タナ種の葡萄はマデランで使われ、タンニンの語源になったと、多くの方に教えられほど、不勉強でした。これ凄くイイデス。ザラツイタ所は全く無く、素晴らしいボディー(14%)、しっかりした酸、エキゾチックな香り。ただ、遙々地球の裏側からの長旅で、少しお疲れ気味。それはまだ落ち着かずピチャ、ピチャした状態で分かります。少し休ませてやれば価格を超越した、作為の感じられない、野性的な...
  • シャトー ラシェネ 1994
    http://winenavi.jp/put.php?no=77シャトー・ラネッサンのオーナーでもあるブテイエ家の所有。メドックにしては、かなり小規模な20ha。レンガ色、エレガントに熟成しています。オーナーが同じだけあって、ラネッサンに非常に良く似ています。殆ど地続きの畑ですから。ブテイエさんは、ケチなわけではなく、力強いワインを造るため、新樽の使用比率が極めて低いやり方を続けています。そのためか、栓を抜いた直後は、どうしても古樽...

プロフィール

winenavi

ヤフーブログから引っ越して来ました そちらでは2005年から書いてますが、ココでは新参者、宜しく!の間もなく70歳です

月別アーカイブ